オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
外人の整体師

日本の成人の約8割は肩こりに悩んでいるといった報告があり、また腰痛や関節痛など年代性別を問わず多くの人が体のコリや痛みの症状を訴えています。
これらの症状は骨格や体の歪みが主な原因であり、改善するには体のバランスを整えることが必要なのです。
整体師は、手足を使った手技により患者さんの体のバランスを整え、人間が本来持っている自然治癒力を高めて傷みの症状を改善していきます。
国民病ともいえるコリや痛みの症状を改善する役割を持つ整体師は、まさに時代にニーズに合った職業といえるでしょう。
多くの整体院やマッサージルームが新規開業している現状を見ても、その需要の高さがうかがえます。
実は整体師になるために必要な公的資格はなく、つまり無資格でも整体師を名乗ることは可能なのです。

しかし現実的には、人体に関する知識やそれを理解した上での手技の技術を習得しなければ、施術を行うことは不可能です。
そのため、整体師になるにはまず養成するスクールに通うか、もしくは通信講座を受講して、基本的な知識や技術を得る必要があるのです。
スクールと通信講座はそれぞれメリットがあり、学ぶ際の条件に合わせて選ぶと良いとされています。
たとえばスクールは、多くの仲間とともに学べるため、励みになったり目標へと強く邁進できます。
また、実際その目で手技の方法を見て覚えることができ、実践的な勉強ができるとされています。
通信講座の場合は、仕事を終えた後などの空いた時間に勉強ができ、受講料が安価であるのが特徴です。
問題は手技などの技術の取得が難しいことですが、これを解決すべく詳しい解説付きのビデオの送付を行ったり、スクーリングを行うなどの対策が取られているので、心配するにはあたらないと評価されているようです。